MENU

3月10日北西10mの強風の中、大度海岸でFUNダイビング

3月ともなれば、日中は結構暖かくなってくるはずなのですが、今日は北西10mの強風。水中は22度と例年通りですが船の上が寒い!

北風に強い糸満のダイビングポイントも西風が入ると厳しいです。ということで今日はぐるっと回り込んで、普段行かない大度海岸までボートで遠征ダイビングをしてきました。

最近ダイビングをしているとチラホラといろんな場所で見かけるようになってきたアマミスズメダイ(幼魚)

_3105902.jpg

青いフチ取りが可愛くて人気です。大人になるとアマミスズメダイは地味な色に変化します。スズメダイはほぼ共通ですが。

また、警戒心が強く、ヘタに近寄るとすぐに穴に隠れてしまいます。もう少し暖かくなってくると沢山出てきてくれるでしょうか?

アマミスズメダイだけじゃ淋しいので近くにいた他のスズメダイ幼魚たちも撮影しました。

セナキルリスズメダイ(幼魚)この子は大人になっても変わらず綺麗な色です。

_3105896.jpg

 ルリメイシガキスズメダイ(幼魚)

_3105931.jpg

セナキルリスズメダイとは逆の配色パターン。こちらもやはり大人になると地味になるようです。

近くで隙間から覗く目線に気づきました。

_3105906.jpg

イソギンポ科タテガミカエルウオ

もう少し体を見せて欲しいけど、これが彼の最大限の譲歩みたい。目が真っ赤に充血しています。

わかりますでしょうか?真ん中あたりにイソギンポ科ゴイシギンポ発見です。

_3105904.jpg

クチビルが赤いです。口紅塗って化粧してるみたいで、なんだかオメメもぱっちりしてる気がしてきました。

2本目からはウミウシ探しに切り替えましたがこちらもまたいい子が見つかりました。

コンシボリガイ

_3105935.jpg

 

_3105940.jpg

透明感もあり可愛らしいウミウシ。みんなにモテモテでスポットライトを当てられてました。

3本目一番最後、エキジット直前でちらりと動く姿を発見。沖縄では珍しいウバウオの仲間。

_3106002.jpg

_3105998.jpg

シッポふりふり可愛らく大人しい子でしたが、浅場だったため南からの大きなうねりのせいで残念ながら上手に近寄れず。

大度海岸沖の珍しいポイントでのダイビングでしたが、なかなか珍しい個体とも出会え満足なダイビングとなりました。

明日は糸満ダイビング協会でレスキュー講習に参加します。

水中撮影の機材のレンタルもはじめましたので、ぜひお越しください。お待ちしています。

ご予約・問い合わせ

この記事の関連記事


最新記事

お知らせ

感染拡大防止のガイドラインを設けたうえで営業を行っております。詳細はトップページをご覧ください。

こんにちは

糸満ダイビングサービス代表の土屋です。安全を第一に、海と沖縄を心から楽しんで思い出に残していただけるようお手伝いしています。お子さんには沖縄の素晴らしい自然からたくさんのことを学んでいただけたら最高です。

代表(潜水士)
土屋雄平 
>>プロフィールはこちら<<

営業時間  8:00-22:00
年中無休

Available in English

I can support your snorkeling and diving in English.
It is also possible to guide tourist spots in Okinawa and Okinawa cuisine restaurant.
Please do not hesitate to contact me.
E-mail: info@itoman-diving.com

facebook

 

© 2020 糸満ダイビングサービス All rights reserved.