MENU

Aさんご家族・大度海岸シュノーケリングツアー(2019年3月26日)

太陽の光が降り注ぐ最高の天気のなか、千葉県から8歳(ユウダイ君)・5歳(コウタ君)のお子様がおられるAさんご家族がシュノーケリングツアーに遊びにきてくれました。

ご挨拶から

どうやら話を伺ってみると、集合時間よりも早く来て磯遊びを楽しんでいたとのこと。既にやる気満々の状態でした!笑

参加申込書など準備を済まして、本日使うビーチ(大度海岸)についてやツアー中に見られる魚や生物などの説明を行います。どうやらパパさん以外の3名はみんなシュノーケル初心者だそうです。

一番下のコウタ君はドキドキワクワクしながら遊びにきてくれたみたいです。

道具の使い方説明

初めてのシュノーケルなのでやっぱりマスクがなかなかしっくりこないなんてこともあるようですね。特にユウダイ君、コウタ君はどちらもスイミング経験者のようで、普段使うゴーグルと違う感触に少し戸惑い気味でした。

道具の使い方の説明を終えたらウェットスーツを着ていきます。「こんなの着たことな~い」と汗だくになりながら大はしゃぎ。

snorkel-entry.jpg

ウェットスーツに着替えたらいざビーチへ出発です。シュノーケリングツアー開始~。 

入水~練習

まだ3月末ということで水温は若干低めの23度程。ウェットスーツを着ているのでツアー中はほとんど寒さを感じることはないのですが、その特性上どうしても最初だけひんやりしますよね・・・。

浅瀬の練習ポイントに到着したら早速シュノーケリングの練習を始めていきますが、ユウダイ君は慣れないマスクと初めてのシュノーケルに苦戦。実は海遊びも初めてだったようで「水がしょっぱい!」なんて叫んでいました!

コウタ君は足のつかない場所が怖いとのことだったためまずは慣れるために浮き輪の上に乗ってもらい魚のいるところへ移動します。

snorkel-practice.jpg

いざシュノーケルタイム

難しい!なんて言っていたユウダイ君ですが、魚に囲まれた瞬間から大はしゃぎでお父さんと一緒に泳ぎだしました。二人での思い出写真もばっちりパシャリ。

kazoku-snorkel-practice.jpg

お母さんは必死にコウタ君を水中に入れようとしますがなかなか上手くいきません。こんな時は自分から泳ぎたくなるように楽しいことに集中させてみましょう。

浮き輪の周りに魚を集めて触れ合うところから段々とね。

ツアーのかなり後半になりましたが、説得の甲斐もありコウタ君も自分で泳ぐことに成功しました。初シュノーケル・初海遊びで泳げるようになるなんて素晴らしいですね!

  1. brother-snorkel.jpg
  2. その時の様子も兄弟揃って記念にパシャリ。

ツアーを終えて

お父さん「ユウダイ君は泳げるかなーと思ってたけど、コウタ君まで泳げるなんて思ってなかった。最後までつきっきりで丁寧に指導してもらえたからだね。つっちー有難うね!」なんてうれしいお言葉をいただきました。

すっかりシュノーケリングのトリコになったようで、また沖縄に来た時は絶対に遊びますと言っておられました。

kazoku-snorkel.jpg

Aさんご家族の皆様、ご参加誠にありがとうございました!
またのお越しを心よりお待ちしております。

 

土屋雄平(つっちー)。

この記事の関連記事


最新記事

お知らせ

 水温が上がってきました。
もう寒くないですよ! 

こんにちは

糸満ダイビングサービス代表の土屋です。安全を第一に、海と沖縄を心から楽しんで思い出に残していただけるようお手伝いしています。お子さんには沖縄の素晴らしい自然からたくさんのことを学んでいただけたら最高です。

代表(潜水士)
土屋雄平 
>>プロフィールはこちら<<

営業時間  8:00-22:00
年中無休

Available in English

I can support your snorkeling and diving in English.
It is also possible to guide tourist spots in Okinawa and Okinawa cuisine restaurant.
Please do not hesitate to contact me.
E-mail: info@itoman-diving.com

Instagram

フォローお願いします!

facebook

 

© 2019 糸満ダイビングサービス All rights reserved.